スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱万丈な人生 16 旦那様の裏切り その後



「もう生きてるのも辛いんで殺してくれませんか?」

今思えば
離婚届を突きつけられ
やっと出た言葉がコレだなんて
なんて病んでるんだと自分でも思いますが
あの時本当に思っていたことです


旦那様はいつも味方でいてくれる
そう信じていた


浮気だって一時の迷い
きっと戻ってきてくれる
そんな風に思っていました

いつも見ていた旦那様の顔なのに
なぜか別人のように見え
その後の記憶がないです


なぜなら極度のショックで倒れたから…



数時間後 目を覚ましましたが
傍には旦那様がいませんでした


冷え切った部屋で1人
何をしていたか覚えていません


気が付くと何も持たず外を歩いていました


深夜 真っ暗な道をあてもなく歩く私


携帯も持っていなかったので
実家にも連絡できない


どれくらい歩いたかは覚えていませんが
仕方なく家に戻っても旦那様はいませんでした

車もなく きっと浮気相手に会いに行ったんだろう
そんな風に思い
ただ焦点の合わない目で空を見てた


いつ帰ってきたのかも気が付かなかったけど
ふと隣を見ると私の手を握ったまま見つめる旦那様がいました



「ゆき 殺してくれなんて言わんといてくれ」


旦那様は泣いていました


なんで泣いてるんかな?
私にはよくわからなった



「男は弱い生き物や どうしたらいいかわからんかったし
俺自身も現実を受け止められてなかった
信じたくなかったんかもしれん
ゆきは何も言わんようになるし
ホントは弱音も吐きたいはずやのに俺には何も言わん
俺ってなんなんやろって思うやん
でも 殺してくれって言うのは本音なんやと思った
それほどずっと苦しんでたんやってわかったから
俺がまたお前を苦しめたんや ごめんな
ちゃんとお前を守るから
相手にはちゃんと話して別れてきたから
また1から2人で頑張っていきたい」


旦那様が泣いているところを見たのは初めてでした


旦那様を苦しめているのは私
離れればお互い楽になれる

全てのことを諦めている自分がいました



「今の私は 好きになってくれた頃の私とは違う
もう何か月も笑ってないし
誰かと話すことすら怖い
情緒不安やって自分でも自覚してる
このまま一緒にいてもお互いが辛い思いをするから
だからもう 別れた方がいい」



1人になるのは怖いし
ホントは傍にいて欲しい
でも旦那様をこれ以上苦しめたくなくて




私は離婚届を手にしていました




波乱万丈な人生 17へ続く
スポンサーサイト

波乱万丈な人生 15 旦那様の裏切り

不妊治療を初めて半年ぐらいたった頃
心も体もボロボロになっていました

この先どうなるかもわからない
ホルモン剤投与が続き
食欲もないのに太ったり痩せたりを繰り返している

当然仕事にも影響し
毎月の予算を達成できず査定は落ちていく一方
上司からも冷ややかな目で見られ
評判も落としていくばかり


家事はなんとかこなしていくものの
夫婦としての会話はほとんどない状態


病院からは一度旦那様と一緒に来てほしい
旦那様も一度検査した方がいいと言われていましたが
拒み続けられ八方塞がりでした

どうしても来て欲しいとお願いして
大喧嘩になった時があり


「お前に原因があるのはわかってるのに、なんで俺が検査する必要がある?
あんなとこ恥ずかしくて行けるわけないやろ!」
と怒鳴られました


旦那様にとっては恥ずかしい嫁だったんでしょうね


また自分を責める日々が続きました



会話はないものの
勘の鋭さから旦那様の変化には気付く



「あ… この人浮気してる」

一瞬でわかってしまいました


でも自分に責任がある
こんな体でなければ浮気もされなかったんだろうな
そう思って耐える日々

旦那様も外に逃げなければ耐え切れなかったんでしょう
私は気付いていないと思っているし
そのままやり過ごすしかないのか…と思いながら過ごしていましたが



とうとう私が一番恐れていた瞬間が来てしまう



仕事から帰ると正座して旦那様が待っていました
机の上には離婚届がありました
ご丁寧に旦那様の欄は記入済み


いつか言われるだろうと覚悟していましたが
やっぱりショックでした


「浮気してるからでしょ?その女と一緒になりたいんでしょ?」

「そう だから別れて欲しい」

謝りもしませんでしたね
開き直っている感じすらしました


「もう生きてるのも辛いんで殺してくれませんか?」



涙が溢れて止まらなくなり
やっと私の口から出た言葉でした








波乱万丈な人生 16へ続く





波乱万丈な人生 14 何気ない一言に涙が止まらなかった日々


不妊治療を始めてから数か月後
自分の状態がどの本を読んでも当てはまらないことに愕然としました

あー 治らないんだな
望みもないんだな


そう思いながらもいい病院はないのかなって思いながら
本屋で不妊治療の本を見ては購入する日々

不妊治療に関する本って
出産を前にした人向けの本と同じ並びで置いてあるんです
それが苦痛で仕方がなかった

大きい本屋で不妊治療に関する本を見ていた時
おそらく高校生ぐらいの女の子2人が隣で別の本を見ていたんです

その時あまり気にせず本を見ていました私
女の子2人が去り際に 私のことをしっかり見ながら言いました


「こんな本を読まないと子供産めないなんてかわいそう」


グサッと胸に刺さった言葉でした
涙が溢れて膝から崩れ落ちそうになりながら
本屋を出ました


私ってかわいそうって言われる人なんだ
そうか… 女の人は子供が産めて当たり前って思われてる
自分もそうだったし
まさか自分がこんなに苦しむことになるなんて
1ミリたりとも思ってなかったもんね


不妊治療に産婦人科に通う人も様々で
夫婦2人でいつも来ている方が私は羨ましかったです
2人で支え合ってる感じが眩しかった

2人目が欲しくて通っている方もいます
そうなると子供を連れて来ているのです
いろんな事情があるにせよ
子供ができないことで卑屈になっていた私は
子供を見ることすら辛くて泣き続けていたことがありました


3つ上の姉は早くに結婚し2人の子供がいますが
上の子が生まれる時に里帰りしていました
立ち合いができない病院で
出産予定日に1人でいるのがイヤだと泣き叫び
私が仕事を休んで付き添った
陣痛で苦しむ姉の背中をさすり
こんなにも弱々しい姉を見たのは初めてだったかも知れません
同時に子供を産むのって大変なんだな…って実感した


数日後
無事に女の子を出産し
赤ちゃんを連れて実家に帰ってきた姉

疲れてるだろうと思い母親と私で姉と赤ちゃんのお世話をする日々が始まりました
しばらくは実家に私も里帰りし赤ちゃんと過ごす日々

赤ちゃんが可愛くて あんなに子供を見ると卑屈になってた自分が
ウソのように赤ちゃんに癒されていました

あまり泣かない子で静かに寝ていることが多かったですが
つい可愛くて甘やかしてしまい
泣くとすぐ抱っこしてしまっていた私
赤ちゃんの温もりが心地よかったのです

私が抱っこするとすぐに泣き止み
ニコニコ笑っていたり すやすや眠っていたり
姉が抱いてもなかなか泣き止まなかった時も
私が抱っこするとすぐに泣き止んでいました

それを見ていた姉が何気なく言ったことが
また胸にグッサリ刺さりました


「あんたの方がこの子のお母さんみたいやね」


赤ちゃんを抱っこしたまま泣き崩れました


私はこうやって自分の子供を抱くこともないんだ
急に現実に引き戻され
目の前が真っ白になりました


もちろん姉も私が子供を産めないことを知っていましたが


「子供がいないアンタには私の気持ちはわからない」と
さらに傷をえぐってくるのです


今思えば私に対してのやきもちを焼いていたのでしょう
自分の子供なのに 自分が母親なのに
我が子を抱いても泣き止まない

私が抱くとすっと泣き止みすやすやと眠る赤ちゃん
姉の中で母親としてのプライドが許さなかったのでしょう

それから私は自分から赤ちゃんを抱っこしないようにしました
できなくなったが正しい気もします

赤ちゃんに触れるのが苦しくなったのです

母は私の異変に気が付き
「無理しなくていい」と言ってくれましたが
その一言すら あの時の自分には苦しかったのです


姉は自分がしんどいと

「ほら!泣いてるやん!早く抱っこしてあげてよ!」と
あんだけやきもち焼いていたのにおかしなことを言いだすし


もう早く自分の家に赤ちゃん連れて帰ってくれたらいいのに
って心のどこかで思っていました



波乱万丈な人生 15 へ続く



プロフィール

ゆき

Author:ゆき
現在正社員だった職場を辞めて派遣社員として活動中
収入が愕然と減ったのでアフィリエイトでコツコツお小遣い稼いでます

フリーエリア
現在の資料総発行数  アフィリエイター卒業への道 2014!(目指せ月収7桁生活!?) ◇儲けたいなら、アフィリエイトはするな!? -----------------------------------------------------------------------------夢を叶える最強の資金調達方法
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アフィリエイト
31724位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
初心者マニュアル
2386位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。